葛飾柴又の文化的景観

2018年に「葛飾柴又の文化的景観」が、国の重要文化的景観として選出された。

重要文化的景観とは

文化財保護法で規定されるところの文化財の一つ。有形文化財、無形文化財、民俗文化財などの一種だ。国宝、重要文化財は、有形文化財の中で価値の高いものである。

同様に、重要文化的景観は、文化的景観の中でも価値の高いものだ。葛飾柴又の景観が文化的に貴重なものであると認められた。

重要文化的景観は、現在64件。葛飾柴又の他には……

  • 岩手県遠野市
  • 近江八幡の水郷
  • 京都府宇治市
  • 宮津天橋立
  • 四万十川流域

どこも郷愁を誘うような美しい場所ばかりだ。

寅さんの聖地 柴又

柴又ってどんなとこ

柴又と言えば、帝釈天、参道、矢切の渡しなどが有名だ。そして、映画『男はつらいよ』の寅さんの故郷として、よく知られている。

観光スポットとしても、見所が近くにあるので回りやすい。参道も活気があり、歩くだけで心が弾む。

「フーテンの寅」像 台座の碑文

寅さん像 台座の碑文

とらや

とらや

草だんご屋のとらや。『男はつらいよ』シリーズ第1~4作まで、実際に撮影で使用された。寅さんの「実家」。食事もできる。

近くに高木屋老舗もある。こちらは、出演者の着替えや休憩に部屋が使われた。

柴又帝釈天

柴又帝釈天

参道入口に「南無妙法蓮華経」の石碑がある。帝釈天は日蓮宗の寺だ。1629年創建。浅草寺のような大きな寺ではない。この寺は、彫刻が見事だ。美術的な価値を持っている寺は、東京ではそうはない。

帝釈堂 彫刻ギャラリー

帝釈堂 彫刻ギャラリー

帝釈堂の外壁に彫刻が施されている。寺は江戸時代の創建。しかし、彫刻は比較的新しい。大正末期から昭和にかけて制作された。関東大震災以後だ。これは、東京では仕方がない。

現在では、帝釈堂の外壁彫刻のは回廊とガラスで囲われ、ギャラリーとなっている。柴又帝釈天が日蓮宗の寺であることはすでに述べた。日蓮宗では法華経を尊ぶ。彫刻は、法華経説話を題材としたものだ。それぞれ解説文もあるので、わかりやすい。

非常に精緻な彫刻。浮き彫りに違いないが、深くくり抜かれた重層的な空間表現が見事。複雑で繊細な仕事だ。当時の名人たちの手によって彫られた。

注)帝釈堂 彫刻ギャラリー・邃渓園(両方セット)は有料。

邃渓園(すいけいえん)

邃渓園(すいけいえん)

帝釈堂の奥には、日本庭園もある。板張りの回廊が巡らされており、靴を脱いでそのまま鑑賞できる。秋の紅葉の時期もよい(写真)。

柴又帝釈天 プロジェクションマッピング

柴又帝釈天 プロジェクションマッピング

2019年3月の2日間、プロジェクションマッピングが行われた。重要文化的景観に選定されてから1周年を記念するイベントだ。上映は10分程度で、柴又の歴史と文化を表現。龍や鬼も飛び出すファンタジックでカラフルな演出だった。

柴又の観光スポット

柴又には、帝釈天の他にも、人気の観光スポットがあるので、ご紹介。歩いて回れる。

山本亭

山本亭

大正末期に建てられた、和洋折衷の建築物。葛飾区の登録有形文化財。カメラ部品メーカーの創立者の住居だった。「これぞ日本家屋」といった書院造の和風建築に、大正時代のモダンな洋式が随所に取り入れられている。ほっと落ち着ける。

注)写真は11月頃のもの。

葛飾柴又 寅さん記念館と山田洋次ミュージアム

寅さん記念館

映画『男はつらいよ』の記念館。街並みを再現したジオラマや映画のセット、歴代ヒロインなどに関する展示がある。好きな人にはたまらないだろう。このシリーズの映画監督である山田洋次ミュージアムも併設されている。

注)現在、リニューアルのため休館中。グランドオープンは4月中旬。(寅さん記念館は3月からプレオープン中)

注)写真はリニューアル以前のもの。

日本人のアイ・ラブ・ユー

そこは「月が綺麗ですね」とでも訳しておけ

これは、英語教師だった夏目漱石が、 “I love you.” を「我汝を愛す」と訳した生徒に言ったとされるエピソード。日本語にそんなセンテンスはないと。

山田洋次監督の『隠し剣 鬼の爪』で、主演永瀬正敏がヒロイン役松たか子に想いを伝えるシーンがいい。「月が綺麗ですね」のような日本人的な、奥ゆかしい言葉のやり取りがある。

粋な寅さんにならい、ここでその台詞を明かすような野暮はしたくない。『たそがれ清兵衛』もいいが、この映画もいい。

矢切の渡し

矢切の渡し

『矢切りの渡し』は、細川たかしの大ヒット曲。そして、もう一つ。この辺りは、伊藤左千夫の『野菊の墓』の舞台となったことでも知られる。

そういえば、『野菊の墓』でも、奥ゆかしい告白だった。寅さんのような、江戸っ子のぶっきらぼうな口上。その裏には、ナイーブな感受性がある。江戸には、情の機微がある。

注)江戸川の向こう岸は、千葉県松戸市。野菊の墓文学碑は、松戸にある。なお、小説の中でも、矢切の渡しは登場する。

以下、蛇足ながら……

『隠し剣 鬼の爪』と『野菊の墓』は似ている。主人公とヒロインの関係性が同じだ。出自が恋路の邪魔をする。『隠し剣 鬼の爪』の主人公がヒロインを助け出すシーン。胸のすくような名場面だろう。ここで2つの物語は分岐する。

P.S.

あなたに、この記事を楽しんでもらえたなら嬉しい。ツイート、いいね!、YouTubeチャンネル登録・高評価もありがたい。参考と励みにしている。ブックマークもお忘れなく。