注)装備・設定の関係で、晴天での露出がうまくいかず……。見づらかったら申し訳ない。

皇居は4つのエリアに分かれている

皇居と一口に言っても、その敷地は大きい。「東京ドーム25個分」と言われる。

皇居は、4つのエリアに分かれる。

皇居の4つのエリア

吹上御苑・旧西の丸

動画では、吹上御苑・旧西の丸エリアへの皇居参観を収めている。ここには、宮内庁、宮殿、御所がある。

皇居外苑

皇居外苑は、JR東京駅から最も近い場所にある。皇居前広場、二重橋、桜田門、楠木正成像を見ることができる。

皇居東御苑

歴史好きならば、皇居東御苑は見ておきたいだろう。江戸城天守閣や本丸などがここにあった。

北の丸公園

美術好きならば、北の丸公園。国立近代美術館には素晴らしい名作が揃っている。科学技術館、武道館もこのエリアにある。

皇居とは

「皇居」といえば、文字通り、天皇の居所(きょしょ)のことだ。このイメージが強いだろう。しかし、日本の歴史の観点から眺めれば、ここは江戸城跡。徳川家の居城跡である。江戸城開放から、皇居となって、わずか150年あまり。徳川家は武家である。なので、「皇居」として観光している史跡は、徳川の史跡がほとんどだ。

では、歴史的に眺めて、「皇居」といえば、それは京都御所になろう。1000年ほど天皇家はあそこにあった。あそここそ、公家文化だ。武家と公家では、建物から何から異なっている。雰囲気がまったく違う。

注)「皇居」は、現在の場所になってからそう呼ばれるようになった。それまでは、「宮城」と呼ばれた。

京都御所

明治時代の初めに、東京行幸によって、明治天皇が東京へ移られた。京都御所は、それから居所としての機能を持たずに残されている。

皇居参観

皇居参観

事前申し込みか当日整理券をもらって皇居参観ができる。朝と昼の2回。休日もあるので詳細は宮内庁のサイトでご確認を。参観時間は、1時間15分。2.2kmを歩く。身分証提示や持ち物検査などもある。

一般参賀が行われる長和殿は見てみたかった。長和殿は163メートル。かなり長い。映像で見るよりも低く感じる。建築物の慎ましい「高さ」や色彩が、大地、自然と調和し、凛としていた。

皇居外苑

JR東京駅から最も近い場所にある。街へ開かれており、観光しやすいだろう。メディアの映像にも登場する正門石橋も見られる。

二重橋が見られる

正門鉄橋が架かる以前に、上下に二重の構造を持つ木造の二重橋があった。鉄橋に架け替えられた後もこの名称が残り、二重橋と呼ばれる。しかし、石橋と鉄橋を二つ合わせて、二重橋と呼ばれることもあるそうである。

東京三大銅像

皇居外苑で、楠木正成像が見られる。上野の西郷像を手掛けた高村光雲(他2名と共作)によりつくられた。19世紀末につくられたこの3体は、東京三大銅像とされる。

楠木正成(くすのきまさしげ)は、稀代の戦上手として知られる武将。足利尊氏、新田義貞らと共に鎌倉幕府を滅ぼした。その後、南北朝の争乱となり、北朝を擁する室町幕府の足利尊氏と対立。長らく「朝敵」とされていた。水戸学で重んじられ、明治時代に「南朝が正統である」とされると、現在の天皇の忠臣のイメージとなった。

皇居東御苑

皇居東御苑とは、旧江戸城の本丸、二の丸、三の丸の一部などを、皇居附属庭園としたもの。吹上御所の東にある。

江戸城は、三代家光の頃に完成するも、火事で焼失した。改築後19年ほどしか存在せず、その後再建されることはなかった。再建した富士見櫓(ふじみやぐら)を実質の天守としていた。

北の丸公園

北の丸公園は、旧江戸城の北の丸があったところ。東京国立近代美術館、工芸館、科学技術館、武道館などの文化施設がある。

東京国立近代美術館 工芸館は、旧近衛師団司令部庁舎。重要文化財。近衛師団とは、天皇と皇居を守る大日本帝国陸軍の師団のこと。

北の丸公園周辺

北の丸公園の周辺には、昭和館、靖国神社などがある。東京の桜の名所、千鳥ヶ淵公園(皇居の西側)もすぐ近く。

江戸城は、日本最大の城

皇居、江戸城跡はとても広い。以前、皇居のマラソン大会に出たことがある。一周5km。歩けば1時間位かかる。堀が巡らされており、堂々たる威容だ。函館の五稜郭が、周囲1.8km。長さはそれほど変わらないように感じるが、面積は東京ドームで言えば3つ分。江戸城は25個分だ。

戦国時代、難攻不落を誇った後北条氏の小田原城。日本統一間近の豊臣軍を迎え討つために、周囲に築いた外郭は9kmに及んだという。言うなれば、街も城郭であった。その後、徳川家康が外郭を撤去させている。江戸城にもこの外郭(総構えという)があり、10kmを超えた。ということで、江戸城は、日本最大の城であった。

注)江戸城は19年で焼失。その後、関東には小田原城しか天守閣がなかった。現存する埼玉の川越城も、天守閣がない城だ。写真の小田原城は再建されたもの。後北条氏の城は別の場所にあったという。

注)大阪城(大阪城公園)は、江戸城の半分くらいの大きさ。大阪城の堀は、大阪冬の陣の後、家康の策で埋められた。

P.S.

あなたに、この記事を楽しんでもらえたなら嬉しい。ツイート、いいね! は、参考と励みになるので、ありがたい。ブックマークもお忘れなく。