小石川植物園

正式には、東京大学院理学系研究科 附属植物園。最寄駅は、三田線白山駅。紫陽花で有名な白山神社も近い。

桜は終わったが、ツツジの季節。綺麗に咲いていた。広い敷地で、その割にあまり人で混雑することもなく、ゆったりと楽しめる。(飲食はOKだが、飲酒は禁止)

メンデルの葡萄

メンデルの葡萄

遺伝の研究で有名なメンデル。この葡萄は、メンデルが研究に用いた葡萄の分株。奥はニュートンのリンゴ。

ニュートンのリンゴ

ニュートンのリンゴ

物理学者ニュートンが、リンゴが木から落ちるのを見て、万有引力の法則を発見したことはよく知られている。そのリンゴの木を接木によって分譲されたものだそうだ。リンゴの花が咲いていた。

精子発見のイチョウ

精子発見のイチョウ

1896年、平瀬作五郎は、このイチョウの雌の木の銀杏から精子を発見した。これは当時、世界的発見だったという。進化した植物は、受粉により繁殖されるとされていた。しかし、この発見により、イチョウは精子による受精で繁殖されることが確認された。

注)飛んできたオスの花粉から、種子の中で精子が放たれるとのこと。

甘藷試作跡

甘藷試作跡

青木昆陽が、江戸幕府に進言し、この地で甘藷(かんしょ/サツマイモ)を栽培した。試作は成功し、全国に広まった。その偉業を讃える記念碑。

旧養生所の井戸

旧養生所の井戸

その門の前に来たとき、保本登しばらく立停って、番小屋のほうをぼんやりと眺めていた。宿酔(ふつかよい)で胸がむかむかし、頭がひどく重かった。
「ここだな」と彼は口の中でつぶやいた、「小石川養生所か」

小石川養生所(ようじょうじょ)は、江戸時代の貧困者のための施設。町医者 小川笙船(おがわ しょうせん)の意見によりつくられた。『赤ひげ診療譚』(山本周五郎)の舞台となる。小川笙船が「赤ひげ先生」のモデル。

小石川植物園の前身は、小石川御薬園(おやくえん)。江戸幕府の薬草の栽培地である。

日本庭園

日本庭園

徳川5代将軍 綱吉の幼時の居邸 白山御殿と蜷川能登守の屋敷跡に残された庭園。ツツジが咲くこの池のほとりで、『外科室』(泉鏡花)の二人が見つめあった。雷の一撃。胸に秘められた恋。赤い洋館は、旧東京医学校本館

東京の植物園

自然教育園

自然教育園

正式には、国立科学博物館付属 自然教育園。JR目黒駅から少し歩いたところにある。都心にありながら、鬱蒼とした森。紅葉の季節もいい。隣は、東京都庭園美術館

神代植物園

神代植物園

三鷹、吉祥寺、調布などの駅からバス。春と秋にバラフェスティバル。バラ園は大きい。バラの他にも、梅、桜、ツツジなども。芝生広場、雑木林、別に水生植物園もある。近くには、深大寺。深大寺は、そばが有名。

昭和記念公園

昭和記念公園

立川にある昭和記念公園。植物園(植物に関する研究・教育施設)ではないが、様々な花や植物が楽しめる。敷地も広大。(東京ドーム40個分)

P.S.

あなたに、この記事を楽しんでもらえたなら嬉しい。ツイート、いいね! は、参考と励みになるので、ありがたい。ブックマークもお忘れなく。