池上梅園

日蓮宗大本山 池上本門寺の西に、池上梅園がある。敷地の北半分は、日本画家伊東深水の自宅兼アトリエだった。戦災で焼失後は、料亭経営者小倉氏が南半分を拡張し、別邸とした。没後、大田区に移管され、現在の池上梅園となったという。(パンフレットより)

8日間限定 ライトアップ

今年は、期間限定でライトアップが行われるというので、行ってきた。以前、数回ここには来ているが、敷地はだいぶ綺麗に整備された。梅も満開である。

池上梅園 ライトアップ

池上梅園の梅は、370本(白梅150本・紅梅220本)。傾斜を利用し、ひな壇のような艶やかさである。

池上梅園 白梅

梅といえば、このような5枚の花びらのイメージだが……

池上梅園 紅梅

梅は、バラ科なのだそうだ。ちなみに、桜も、バラ科。

夜空に、梅が光を受け咲いている様は、新鮮だった。濃厚な美しさを増すようにも見える。

池上梅園

池上梅園 ライトアップ期間:2019年3月3日(日)まで

古民家カフェ 蓮月

古民家カフェ 蓮月

池上本門寺近くの古民家カフェ 蓮月(れんげつ)が人気だ。もともとの蕎麦屋が、カフェになった。映画のロケなどにも使われるそうだ。お店のところどころ、レトロな調度品で飾られている。ついキョロキョロとあちこち見てしまう。

厚切り照り豚丼

ランチメニューの厚切り照り豚丼は、2016年 “OTA!いちおしグルメ総合部門” 受賞

おそらく「厚切り」「照り豚」という言葉に裏切られるだろう。不思議とさっぱりいただける。ほろっとやわらかい。あたかも“男メシ”のようだが、店内は多くの女性で賑わっていた。(小さめの丼もある)

P.S.

あなたに、この記事を楽しんでもらえたなら嬉しい。ツイート、いいね! は、参考と励みになるので、ありがたい。ブックマークもお忘れなく。