「若者が酒を飲んで、騒いでいる」というのは本当か?

2018年10月31日(水)の夜、ハロウィンの渋谷を歩いてみた。そう、平日の夜なのだ。個人的なことながら、私は毎月31日と1日は仕事の予定がつまっている。朝からハイペースで仕事をこなし、なんとか夜に渋谷へ出かけることができた。

スクランブル交差点が大変なことに

スクランブル交差点が大変なことに

以前の動画でも、渋谷のスクランブル交差点を取り上げた。いつでも、人が多い。でも、ハロウィンのこの日は、さらにとんでもないことになっていた。まず、警察がテープを渡し、センター街方面と道玄坂方面に分けて誘導。混雑で歩くのにも大変な状況だった。

この日、火事があった

この日、火事があった

この日の夜に、渋谷のビルで火災が発生。文化村通りのH&M前に、消防車がたくさん停車しているのは、そのためだ。夜には、とくに目立った影響や混乱は感じられなかった。

道玄坂の車道は、人で埋め尽くされた

道玄坂の車道は、歩行者専用道路に

道玄坂に人が溢れている。いつもは車道だ。「ここは歩行者天国ですか?」と近くにいた警察官に話しかけると、口を濁しながら「うーん、歩行者専用の道路です」ということだった。安全面から、やむなく歩行者専用道路としたのだろう。なるほど、車が通っていれば、何か事故になるかもしれない。

警察官がそこかしこにたくさんいる。そういうと、「祭りに水を差す」と感じるだろうか。しかしながら、警察官がいる方が、どちらかというと安心感がある。

この混雑。ちょっとしたブロックに乗って、あたりを見回そうとした人にでも、「危ないので、乗らないでください」と警察官が声をかけていた。とにかく、何か危険なことにならないよう、目を配っているような様子だった。エスカレートしないように、積極的に抑止力となろうとしているのだろう。

私は、お祭りなどによく行く。そこで感じるのは、警察の方の優秀な仕事ぶりだ。きっと大変な仕事だろう。皆が楽しんでいるさなか、影になって働いている。

飲食店は、意外にも空いている

飲食店は、意外にも空いている

センター街などは、満員電車のような混雑ぶり。私はカメラを持って撮影している。何かの拍子に人の頭にでも当たってしまうと危ないので、センター街から駅に向かう通りの撮影は諦めた。

この混雑ぶりだが、飲食店は意外にも空いている。私は、サンマルクカフェで、チョコクロとコーヒーをすんなりオーダー。窓際の席で外を眺めながら、しばらく休憩していた。LOFT横の宇田川カフェも覗いたが、やはり満席ではなかった。夜の9時くらいだったろうか。

平成最後の若者たち

平成最後の若者たち

集まっているのは、やはり20代などの若者が多い。外国の人も、わりあいよく見かけた。私のハロウィンに対する感想は、メディアのイメージとは食い違うが、「爽やか」だなというものだ。

渋谷のハロウィンというのは、「バカ騒ぎ」ではない。それは一面にすぎない。むしろ、こういった方が本当ではないか。

若者たちにとって、ハロウィンは「コミュニケーション・ツール」なのだ。仮装をすることで「写真いいですか?」「一緒に写真撮りましょう」「ありがとう」と声を掛け合う。この「ツール」を使って、実にうまい具合にコミュニケーションをとっている。仮装は「インスタ映え」する。その後、SNSで繋がることも容易だ。ツールを使いこなすのは――「バカ」ではなく――「クレバー」だろう。

「イベント」ではなく「ツール」とあえて表現した。それは、観覧するというよりも、積極的に参加しようとする主体的な働きかけがあるからだ。受け身のイベントとは、性質が異なる。

なお、いわゆる「コスプレ・イベント」とも違う。よくわからない人には、意外かもしれない。生粋のコスプレイヤーは、ここにいない。コスプレイヤーは世界観の表現とその評価を求めている。ハロウィンに来る人はコミュニケーションを求めている。

私はとくに仮装もせず、カメラを持って撮影しているだけだ。それでも、なぜか「一緒に写真撮ろう」と話しかけられた。手を振ってカメラを構えているだけで、皆気さくに手を振って応じてくれる。

私は、夜の11時くらいで渋谷を後にした。0時を越えないと、なかなか実情はわからないかもしれない。確かに大声で騒ぎ、複数の警察官に取り押さえられている人もいた。でも、一方で「ゴミ預かります」と仮装姿でビニール袋を手にする若者もいる。

渋谷のハロウィン――日本の他の都市でも見られる――は、主催者がいるイベントではない。若者が中心となって自然発生し、独自の形でここまで大きくなったものだ。

日本人は外来文化を独自に発展させることが得意だ*。「カレーライス」や「ラーメン」はもはや日本のソウルフードだし、「車」や「アニメ」だってもともと海外の発明品だ。「バレンタイン・チョコ」も欧米の人は驚くかもしれない。

このハロウィンに対して、反応もさまざまある。説教もまた、密かな愉悦である。あえて一大人として言うなら、変なことにならないように目を配り、見守ってあげるのがいいのではないだろうか。

でもそれは、警官の仕事のように大変だろう。日本文化の発展や維持には、それなりに忍耐がいる。

注*)(今から見れば)「和風」のほとんどに、中国からの影響がある。もともと「唐風」(からふう)に対しての「和風」だったが。「仏教」も、言うまでもない。

P.S.

あなたに、この記事を楽しんでもらえたなら嬉しい。ツイート、いいね! は、参考と励みになるので、ありがたい。ブックマークもお忘れなく。