神戸を歩く

シティ・ループ路線図

神戸は歩いて観光できる。シティ・ループバスもぐるぐると巡っているので、すべて歩く必要もない。観光地として理想的だ。

北野異人街

明治時代の開港以来、神戸は外国人居留地となった。居留地とは、政府の定めた、交易のための外国人が居留する区域である。北野異人街は、今でも異人館が多く残っている急斜面の坂の街だ。

風見鶏の館うろこの家が二大スポット。

風見鶏の館

北野異人街 風見鶏の館

うろこの家

北野異人街 うろこの家

うろこの家は、入場しないと外からは館の姿は見えない。建物内は、西洋家具や食器類の展示、美術館、神戸が一望できる展望室と見どころも多い。併設のカフェもあり、名物のウィンナーの長いホットドッグも食べられる。

元町

元町商店街

元町で、商店街をぶらぶら歩くのも楽しい。神戸といえば、カフェやベーカリーが多い。

私は、元町サントスという老舗をチョイス。自慢のホットケーキとコーヒーをオーダー。

南京町

神戸 南京町

元町の商店街に並行するように、南京町(なんきんまち)。中華街。横浜の中華街と比べると規模は小さいが、食べ歩きも十分に楽しめる。

夜に1000円程度のメニューと、青島ビールを注文。美味しかった。

旧外国人居留地

神戸 旧外国人居留地

旧外国人居留地は、西洋風のビルが立ち並ぶ一角。この38番館は、もともと銀行だった。現在は、大丸の別館になっている。窓枠を見ると、高級ブランド店が入っているようだ。古いビルの壁であるが、品がある。

神戸ルミナリエは、この区画で行われる。昼のルミナリエは、雪の結晶のように白い。

ベイエリア

神戸ベイエリア夜景

神戸の夜景は美しい。神戸ポートタワーの鼓状の美しい形状。それに合わせるように白い骨組みで帆船をイメージさせる神戸海洋博物館。中心の大きいビルは、ホテルオークラ

神戸ポートタワーから、海洋博物館を望む。海洋博物館にあるロドニー号。海洋博物館は、川崎重工のカワサキワールドと隣接。海洋博物館は、様々な船や神戸の交易について展示されている。カワサキワールドでは、オートバイや新幹線、潜水艇などの乗り物などが見られる。

神戸みやげ

神戸 ゴンチャロフ チョコレート

神戸空港で買ったお土産。ゴンチャロフという神戸のお菓子メーカーのチョコレート。神戸の名所がうまくパッケージにされていて、素敵だ。見ているだけでも、気持ちが浮き立つような魅力がある。もちろん美味しい。